新(真)学校教育&子育て研究所

学校のことで悩む子ども達と子育てに悩むお母さん達のための新(真)教育を考えるブログ

子育ての極意って?子どもの心が見えていますか?

こんばんは、TAZUです😆

 

皆さんは、子育てをする上で、何が一番大事だと思いますか?

 

今日のテーマは『子育ての極意』!!!!

 

  • 子育ての仕方に煮詰まっている方
  • 教育の現場にいて子どもとの関わり方に悩んでいる方

 

は、ぜひ読んで参考にしてもらえたら嬉しいです😊

 

 

1.小学校に入ってからの親と子ども

 

 

 子育てをめぐっては、人それぞれに考えや価値観があります。

 

口では、

 

「子どもはのびのびと😊」

 

とは言っていても、

 

小学校へ入り、勉強が始まると、

 

親も子どもも途端に何とも言えない緊張感や、目に見えない不安、

 

周りと比べてしまうことで生まれる劣等感や優越感に思いを廻らせるもの💡

 

 

特に勉強に関しては、親も自分のこと以上に心配したり💦

 

塾に通わせたり、習い事をさせたり、テストの点を気にしたり(;・∀・)

 

 

また、勉強以外でも、性格や人間関係に不安やストレスを感じるようにもなります😫

 

それは、年齢や内容は違えど、その構図は大人社会と何ら変わりがないように思います。

 

 

楽しくにぎやかに過ごしていた保育園や幼稚園の頃とは、何かが違う日常💡

 

大人でも社会の波に乗ることで安心するのと同時に、

 

ストレスや疲れを感じるのだから、

 

まだまだ未発達な子ども達のストレスや疲労感は大人が思っている以上に莫大なのではないでしょうか?

 

 

2.親心と子ども心

 

子どもは、自分で自分の居場所を選ぶことができません。

 

親や大人に与えられた場所で生きるしかない、そのジレンマを考えたら、

 

子どもならではの気苦労があるんだなぁと想像できます😲

 

 

私たち大人は、子どものためにと、良かれと思っていることが多いです😔

 

それは、大人だから。

 

色々知っちゃっているから。

 

「こうした方が良いに決まっている。」

 

「ああした方がベターだよな。」

 

と、子ども達がこれから知ることを先回りして、より良い道に誘導しているかのように。

 

そして子どもはそんな親や大人の言うことを、訳が分からずも聞いている。

 

 

子ども達の気持ちは、ちゃんと自分の心にあるのでしょうか?

 

心ここにあらずの状態が続きながら、ただ目に見える成長だけをさせられたら、

 

人はどうなるのでしょうか?

 

果たして❛人らしい人❜が育つのでしょうか?

 

 

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました😊

 

                  TAZU💛